FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2011/05/23(月)10:11
昨日から雨模様です。

今年は早々の梅雨入りでしょうか。

被災地にも雨が降り放射能の土壌への浸透が懸念されます。

東京でも大変な数値が出ているようです。

東京都内の下水処理施設で3月下旬に採取された汚泥焼却灰から、1キログラム当たり17万ベクレルの放射性物質が検出されたことが13日、都への取材で分かった。

 焼却灰は既にセメントなど建設資材に再利用されたという。

 都によると、検出された施設は「東部スラッジプラント」(江東区)。同時期に大田区と板橋区の下水処理施設2カ所でも汚泥焼却灰から10万~14万ベクレルの放射性物質が検出された。

 1カ月後の再調査で1万5千~2万4千ベクレルに低下と確認した。放射性セシウムかどうか特定を進める。

 一方、前橋市は13日、前橋水質浄化センターで9日採取した下水汚泥の焼却灰から1キログラム当たり4万1千ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表。汚泥からは同1844ベクレル、汚泥や焼却灰をさらに高温処理した溶融スラグからは同1万7090ベクレルのセシウムを検出した。敷地内で保管しており、国の指針に従い処理する。


規制値の何倍かは分かりませんがニュースになる位なので大変な事なんでしょう。

最初の水素爆発の時に既に飛散したのではと言われています。

放射線量の数値を計る場合、地表から10mや20m地点で観測するらしいのです。

しかも東京の場合はコンクリートやアスファルトばかりなので、それが風で飛ばされ、雨が降り下水へと流されていく。

それで下水の汚泥にものすごい放射性物質が計測されるようです。

何が怖いというと、実は東京にも相当の放射性物質が飛んできていて、被爆もしているし、公園や校庭や田んぼや畑に浸透していると言うことです。

表面に乗っているだけなら除去すればいいのだそうですが、一度浸透してしまうと除去はかなり困難になるようです。

ある人は、東京の公園や校庭、園庭で子供を出来るだけ遊ばせない方がいいと言っている人もいます。

何が真実かは分かりませんが、可能性があるなら子供は遊ばせたくありません。

早期の収束と真実を公開して欲しいですね。


野外テントテント工事・サイン工事・シート製作  鶴田防水布店
間仕切カーテン間仕切ビニール  鶴田防水布店
〒830-0023 福岡県久留米市中央町24―3
 TEL 0942―32―3004 
 FAX 0942―32―3005
 メール tsurubo@cap.bbiq.jp
 担当 鶴田
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
メルトダウンしています。政府が計っているのは、地表から18メートル、数字のマジックを使ってる、大人は大丈夫だが、幼い子供や妊婦はあぶない。FACEBOOKの私のWALLに原口さんのビデオのせてます。彼を信じる信じないは別にして、政治生命をかけて発言しています。
2011/05/23(月) 11:25 | URL | きんや #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>きんやさん
ほんとに何を信じていいのかわかりません。
原口さんの見ました。
全てを白日にする必要はないと思いますが、今回の事はもっと情報を出さないと10年後20年後薬害エイズなんてレベルにならないほどの事が起きると思います。
そんな危機感は政治家にはないのでしょうかね。
2011/05/23(月) 21:21 | URL | つるぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」