FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2010/08/15(日)08:53
本日は終戦記念日です。

終戦65年の記念すべき日であります。

毎年この時期になると首相が靖国神社を参拝するかどうかが問題となります。

今年は管総理はもとより閣僚一人も参拝しないと公表されています。

ところで靖国神社って何なの?A級戦犯や大東亜戦争で亡くなった方だけが祀られているところなの?
あんまり深く考えた事なかったので靖国神社のHPを調べました。(便利な世の中ですね)


靖国神社の由緒
靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。



実は戊辰戦争以降国の為に亡くなられた御霊が祀られているのです。
別にA級戦犯だけが祀られているわけではないのです。


そうであれば8月15日の今日参拝する必要はないのではないでしょうか。

これは政争の具はたまた外交の具にされているのではないでしょうか。

皇室関係に造詣が深い京都産業大学の所教授は
「終戦記念日の参拝より靖国にとっては、7月のみたままつりや10月の秋の例大祭こそが大事で、是非政治家はひっそりと厳かにその時期に参拝していただきたい」と。

ただ太平洋戦争で亡くなられた方はみんな「靖国で会おう」と言って逝かれたそうです。

その思いは”政府”として裏切ってはいけないのではないでしょうか。

”国民”第一の民主党。
やっぱり選挙の時だけなんでしょうか。

終戦記念日とは限らず、是非閣僚になったのなら参拝すべき場所の一つなのではないでしょうか。

私自身無宗教者で信仰心はあまりありません。

ただこの時期には考えさせられるものがありますね。

靖国に祀られている方々は今の日本をどう思っているのでしょうか?????

雨具レインコート・食品用前掛け・祭り足袋 卸・小売   鶴田防水布店
野外テントテント工事・サイン工事・シート製作  鶴田防水布店
間仕切カーテン・間仕切ビニール  鶴田防水布店
〒830-0023 福岡県久留米市中央町24―3
 TEL 0942―32―3004 
 FAX 0942―32―3005
 メール tsurubo@cap.bbiq.jp
 担当 鶴田
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」