FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2010/04/10(土)12:27
秘書が捕まってもまた自分が逮捕されても秘書時代の事だからと言って辞職しない政治家が多数います。

会社で言うと部下がやっている事なんで私は知りません。だから私は辞めません。

これは管理職として能力を問われますよね。

自分の秘書数人の管理も出来ない人間が1億数千万人の国民を幸せにできる事が出来るでしょうか?
(まーおそらくほとんどは知っていたでしょうが)

国会に遅刻したり、欠席したり、途中退場したり。
これを頻繁にしても辞める必要がない。

つまりなかなか”解雇”できないのです。

それは細かく明文化されたものがないからですよね。

しかし、民間企業では”解雇”というものは結構微妙な問題ですので、明文化されたほうがいいようです。

今回送られてきたメルマガに”解雇”の話がありましたので転記します。


「解雇についての注意点は・・・」について解説します。


 解雇とは、いわゆる「クビ」のことで、

 会社が社員に「一方的」に伝え、労働契約を終了させることです。

 
 民法でも「雇用期間が決まっていなければ」

【いつでも】解雇は可能となっています。


 ちなみに、

 ○ 契約社員・・・雇用期間が事前に決まっている

 ○ 正社員・・・・雇用期間は決まっていない

 となっています。


 また、解雇の意思を伝えた2週間後、解雇は有効となります。

 

 しかし、いきなり解雇されては、社員の生活がおびやかされます。
 
 そこで、労働契約法で決まっていることがあります。


 それは、

 ○ 解雇には就業規則などに照らして、合理的な理由が必要

 ○ 解雇には社会通念上、相当と考えられる理由が必要

 ○ いずれにも該当しなければ、解雇は無効

 ということです。


 逆にいえば、この条件が整えば、【いつでも】解雇ができるのです。


 
 また、解雇するのには法律の手続きも必要です。


 会社は社員を解雇するのに

 ○ 最低30日前に解雇の予告をする(解雇予告)

 または

 ○ 即日解雇の場合は30日以上の給与を支払う(解雇手当)

 という手続きを踏まなければなりません。

 
 これは次の就職先を見つけるために、

 約1ヶ月の時間、または、1か月分の給料を用意しているということです。



 また、トラブルを回避するために、書面での確認も必要です。


 具体的には、

 ○ 解雇の予告をする場合・・・解雇予告通知書

 ○ 30日分の給与を支払う場合・・・解雇予告手当支払通知書

 を準備しなければなりません。



「理由」と「手続」がそろえば、会社は「自由」に解雇できるのです。


 しかし、実際には「理由」の部分でなかなか踏み込めないのです。

 なぜならば、就業規則の内容が足りないからです。

「解雇の理由」は就業規則でもっと詳細に書くことが重要なのです。


 たとえば、社員に問題があった場合の懲戒解雇に関しては、

 下記のような書き方をすべきです。

 少し硬い表現ですが、実際の就業規則の表現になります。 

---------------------------------------------------------------------

 従業員が次の各号のいずれかに該当するときは、

 論旨解雇又は懲戒解雇に処する。

 ただし、情状により減給又は出勤停止とする場合がある。

  
 ○ 正当な理由なく、欠勤が14日以上に及び、

 出勤の督促に応じない又は連絡が取れないとき
 

 ○ 正当な理由なくしばしば遅刻、早退又は欠勤を繰り返し、

 再三の注意を受けても改めないとき


 ○ 正当な理由なく、しばしば業務上の指示又は命令に従わないとき
   

 ○ 故意又は重大な過失により、会社に重大な損害を与えたとき
   

 ○ 重要な経歴を偽り採用されたとき、

 及び重大な虚偽の届出又は申告を行ったとき


 ○ 重大な報告を疎かにした、又は虚偽報告を行った場合で、

 会社に損害を与えたとき又は会社の信用を害したとき


 ○ 正当な理由なく配転・出向命令等の重要な職務命令に従わず、

 職場秩序を乱したとき


 ○ 素行不良で、著しく会社内の秩序又は風紀を乱したとき

(セクシュアルハラスメントによるものを含む。)


 ○ 会社内で暴行、脅迫、傷害、暴言

 又はこれに類する重大な行為をしたとき


 ○ 会社に属するコンピュータによりインターネット、電子メール等を

 無断で私的に使用して猥褻物等を送受信し、

 又は他人に対する嫌がらせ、セクシュアルハラスメント等

 反社会的行為に及んだ場合


 ○ 故意又は重大な過失によって会社の建物、施設、備品等を汚損、破壊、

 使用不能の状態等にしたとき、

 又はフロッピー、ハードディスク等の会社の重要な情報を消去

 若しくは使用不能の状態にしたとき
 

 ○ 会社及び会社の従業員、又は関係取引先を誹謗若しくは中傷し、

 又は虚偽の風説を流布若しくは宣伝し、会社業務に重大な支障を与えたとき
    

 ○ 会社及び関係取引先の重大な秘密及びその他の情報を漏らし、

 あるいは漏らそうとしたとき


 ○ 再三の注意及び指導にもかかわらず、職務に対する熱意又は誠意がなく、

 怠慢で業務に支障が及ぶと認められるとき
 

 ○ 職務の怠慢又は不注意のため、

 重大な災害、傷病又はその他事故を発生させたとき


 ○ 職務権限を越えて重要な契約を行い、又は会社に損害を与えたとき


 ○ 信用限度を超えて取引を行い、又は会社に損害を与えたとき

 
 ○ 偽装、架空の取引等を行い、

 会社に損害を与え又は会社の信用を害したとき


 ○ 会社内における窃盗、横領、背任

 又は傷害等刑法等の犯罪に該当する行為があったとき


 ○ 刑罰法規の適用を受け、

 又は刑罰法規の適用を受けることが明らかとなり、会社の信用を害したとき


 ○ 会計、経理、決算、契約にかかわる不正行為

 又は不正と認められる行為等、金銭、会計、契約等の管理上

 ふさわしくない行為を行い、会社の信用を害すると認められるとき
 

 ○ 前項の懲戒を受けたにもかかわらず、

 あるいは再三の注意、指導にもかかわらず改悛

 又は向上の見込みがないとき

 
 ○ 服務規律に違反する重大な行為があったとき


 ○ その他この規則及び諸規程に違反し、又は非違行為を繰り返し、

 あるいは前各号に準ずる重大な行為があったとき

---------------------------------------------------------------------


 これは当社のドラフトから抜粋したものですが、

 実際の現場ではヒアリングした上で【もっと】書きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 私が言う「詳細に書く」とはこういうレベルのことを指すのです。

 そういう前提を作らないまま、解雇を実施するのは準備不足なのです。


 解雇は会社に認められた「権利」ではありますが、

 その前提となる部分が正当であることが大切なのです。

 ここはしっかりと押さえておいてください。



 ちなみに、懲戒解雇に該当する行為をした社員でも、

 解雇予告と解雇手当は必要となります。


 たとえば、横領をしていた場合などでも必要です。


 もし、これを外したいならば、

 労働基準監督署から「解雇予告除外認定」を受けなければなりません。


 これを受けた上でなければ、解雇予告と解雇手当が必要になるのです。



 解雇予告、解雇手当の話を進めていきましょう。


 正社員などの場合は、これらが必要であることは上記のとおりですが、

 解雇予告や解雇手当が不要の場合もあります。


 つまり、「0円」で「即日解雇」が可能ということです。


 それは、

 ○ 日雇いの場合

 ○ 2ヶ月以内の短期期間での契約社員

 ○ 試用期間内で入社後14日を経過していない社員

 などです。


 この中で特に気をつけなければならないのが試用期間の社員です。

 会社が決めた試用期間は3ヶ月、6ヶ月などとなっています。


 しかし、法的には14日を経過したら、試用期間とは関係なく、

 解雇予告や解雇手当が必要となるのです。



 それから、法律で「解雇できない人」も決まっています。

 この場合、条件が整っていても解雇できないのです。

  
 ○ 仕事でケガや病気になった社員・・・休業中と休業後30日間

 ○ 産休中の社員・・・休業中と休業後30日間
 
 です。


 この理由は「就職活動が困難」なため、

 解雇できない旨が労働基準法で決められているのです。


 
 このように、解雇といってもいろいろな制約があります。


 どういう伝え方をするかも重要ですが、

 大前提となる【法的な形式】を整えておくことは非常に重要なのです。



これを読むと政治家の中には主権者である国民に解雇を通知される人がたくさんいるような気がしますが、法律が彼らを守っていますのでできませんね。

しょうがありません法律を作っている人たちですから。

雨具レインコート・食品用前掛け・祭り足袋 卸・小売   鶴田防水布店
野外テントテント工事・サイン工事・シート製作  鶴田防水布店
間仕切カーテン・間仕切ビニール  鶴田防水布店
〒830-0023 福岡県久留米市中央町24―3
 TEL 0942―32―3004 
 FAX 0942―32―3005
 メール tsurubo@cap.bbiq.jp
 担当 鶴田
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
特に福岡県知事の麻生渡さんについては
疑問です。副知事があんな不祥事を
起こしているのに続投する??
不思議で仕方ありません。

つるぼーさんが解雇されたかと思いました
(笑)。

2010/04/10(土) 12:37 | URL | 匿名 #-[ 編集]
大変参考になりました。
2010/04/11(日) 23:07 | URL | シャンパン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>匿名さん
 私が解雇されるときは自己破産するときですよ。

>シャンパン
 もしかしてちょータイムリーな話だった?南のほうで。
 最近ブログアップしてないんじゃない?
2010/04/13(火) 07:37 | URL | つるぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」