FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2019/02/07(木)06:45
先日大学ラグビーの後輩Mっちゃんと飲む機会がありました。

彼は現在Sビールに勤めており、久留米が担当ということで時々会います。

自宅は松江にあり子供もラグビーをしていますが、現在そのスクールには中学がなく今までは小学までしかラグビーが出来たかったようです。

そこで彼が初代監督となり立ち上げようということになったそうです。

私も現在中学のコーチです。

色んな話をしました。

そこで私が読んだ本を奨めました。

SN00012_2019020512522529c.png


内容紹介
ラグビーを愛するすべての人へ――。
最新の「ラグビー・コーチング・ブック」
子どもたちに、"おもしろい"ラグビーを!

ラグビー もっとも受けたいコーチングの授業

個性 × 15 の自己表現
「自分で考える、自分の持ち味を出す、
全員が参加する、それこそが"自己表現のラグビー"だ
……私は、そういうラグビーを提唱したい! 」

Enjoy every minute of your game.
『試合の一瞬一瞬をエンジョイ=燃焼しろ! 』

■序章…コーチングへの誘い
「個人」を大切にする
「個性」とは人と違うこと
エンジョイとは「力を出し切る」こと

■第1章…コーチングとは何か
うまくいかないときもある
「練習」が先か「試合」が先か
試合を観察し、「できないことリスト」をつくる
試合分析のポイント
できない項目から、コーチング内容を絞り込む
修正項目の優先順位のつけ方
練習でスキルが向上したと実感させるために
column/何のために練習をするのか

■第2章…初めてのコーチング
世界最初のコーチング
ラグビーのイメージを体感させる
目の前で起きていることをしっかり観察する
受動的コーチングと積極的コーチング
人数を増やしてラグビーに近づける
1対1のタックルシチュエーションにおけるポイント
サポートプレーヤーの役割
スペーススキルとコンタクトスキルの考え方
column/グリッド練習で受けた衝撃

■第3章…チームと個人のとらえ方
個人が強くなければ、チームは強くならない
どんなチームを目指すのか
チームイメージを個人スキルに分解する
現実→チームイメージの再構築
チームスキルと個人スキルの使い分け
「個人スキル」の改善法
フレアーとオーバーコーチング
イメージが成長をうながす
column/ボール・ハングリー

■第4章…練習計画の立て方と練習の進め方
練習計画を立てる重要性
全体計画の立て方
日々の練習の進め方
各セッションにおけるポイント
失敗を想定した練習
状況に応じて練習をアレンジする
練習の分析
column/選手の質問がコーチを成長させる

■第5章…練習を効果的に進めるための考え方
コーチはプレゼンター
練習にストーリーをつくる
ほとんどの個人スキルはペアプレーから
練習ドリルの考案と改良
タッチラグビーの有効性
タッチラグビーのキーポイント
セブンズラグビーの活用法
ポジションの決め方
集中した練習こそが効果を生む
試合に向けたピーキング
column/教えることよりも発見させることが大切

■第6章…ラグビー競技の特性
レイ・ウィリアムズ氏がたどりついた結論
ラグビーの4大原理
キーファクター
テクニックとスキル
フィットネスのとらえ方
column/自己表現における大局と個の融合

■第7章…創造的なコーチであるために
コーチ自らがエンジョイする

■終章…我がコーチング人生
ウエールズラグビーの衝撃
ロンドン経由でカーディフへ
カーディフ教育大学での出会いとバイナン家での生活
運命を変えた手紙
英語教師として茗渓学園に赴任
創成期の奮闘から全国区へ
伝説の「3人飛ばしパス」
スパイクケースのタッチラグビー

徳増 浩司 とくます・こうじ
1952年、和歌山県生まれ。
東京都立秋川高校から国際基督教大学を経て西日本新聞社に入社。
記者として勤めたあと、ウェールズのカーディフ教育大にてコーチングを2年間学び、
ウェールズ協会公認コーチ資格を取得した。
帰国後の1980年に英語教師として茗溪学園中学校高等学校(茨城)に着任、
同中学校ラグビー部を8年間指導したあと、同高校ラグビー部の監督に就任した。
1988年度第68回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝、
続く第69回大会では3位。従来の枠組みにとらわれないオリジナリティに
満ちた戦いぶりは高校ラグビー史に鮮烈なインパクトを残し、
選手の個性を生かしたその独創的なコーチングスタイルは、
今も多くの指導者に影響を与えている。
1995年から日本ラグビーフットボール協会に勤務し、
ラグビーワールドカップ2019の招致に成功。
2011年、ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務局長の職に就いた。
現職は、同委員会事務総長特別補佐で、国際関係およびアジア関係の事項を主に担当。
2011年には、日本協会理事とアジアラグビー選出のIRB(現ワールドラグビー)理事にも任命された。
2015年、アジアラグビー会長に。2018年からは、アジアラグビー名誉会長として、
同地域でのラグビー普及活動に携わる。指導者としての情熱は現在も失われず、
2018年に一般社団法人・渋谷インターナショナルラグビークラブを設立、
英語を用いることで、日本と海外の子どもたちが、国籍に関係なく、
一緒にラグビーを学べるというユニークな試みを展開する。


私も高校時代から個人プレーの集まりがチームプレーだと言い続けてきました。

個人の長所を活かせるようなチームを作りたいですね。

通学用雨合羽レインコート・食品用前掛け・祭り足袋 卸・小売   鶴田防水布店
野外テントテント工事・サイン工事・シート製作  鶴田防水布店
間仕切カーテン・間仕切ビニール  鶴田防水布店
ラグビー用品(コンタクトバッグ、タックルバッグ等)
〒830-0023 福岡県久留米市中央町24―3
 TEL 0942―32―3004 
 FAX 0942―32―3005
 メール tsurubo@cap.bbiq.jp
 担当 鶴田
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コーチはしてませんが、私も読みました。
子育てにも役立つなあと思いました!
2019/02/07(木) 12:43 | URL | しゃんぱん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
勝ちにこだわりすぎると「楽しむ」ということを忘れがちになります。
選手はもちろんコーチも保護者も楽しむためにどうしたらいいのかを考えてコーチング及び会の運営をやっていますよ。
言ってもまだまだ中学生ですから。

2019/02/07(木) 16:16 | URL | つるぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」