FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2012/05/18(金)10:28
東日本大震災当時の菅首相と海江田大臣のやりとりがニュースになっていました。

 海江田万里元経済産業相(民主党衆院議員)を参考人招致して17日に開かれた国会の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」での主なやりとりは次の通り。

 ◆事故当時の状況

 ――地震発生当時の対応は。

 海江田氏 地震当時は参院の委員会にいた。官邸の災害対策本部に出席して役所に戻り、事故対応(の会議)を行った。原子力災害対策特別措置法15条の事象になると、首相が本部長の(原子力災害対策)本部を設置しなければならないので、官邸に飛んで行き(当時の菅首相に)事情を説明した。

 ――首相にどう説明したのか。

 海江田氏 本部を作って下さいと申し上げた。「どこに根拠があるか」と(菅氏に)聞かれ、みんなでどこだどこだという作業に入った。「チェルノブイリのようになる」と、チェルノブイリという言葉が2、3回首相の口から出たと記憶している。

 ――もっと早く宣言を出し、国が動ける態勢は取れなかったのか。なぜ時間がかかったか。

 海江田氏 まさにご指摘の通りだ。首相の理解を得るのに時間がかかったということだ。


菅さんは自分が第2のチェルノブイリの首相になりたくない。
海江田さんは菅さんのせいにして結局みんな保身に走っています。

この一瞬の判断の遅れが、また一国の宰相としての意識の欠如が今後30年分位の日本の将来を背負っていたと思うとぞっとしました。

なんでんもポンポン決めろと言うことではありません。
常に最悪を予想し、ベターな方法を決断し、ベストな結果を導き出す。

先日撤去しました店舗固定テントです。

F1030248.jpg
在りし日の姿はこちらです。
丸井繊維 005

25年位骨組みは経っていましたので錆びてボロボロでした。

そこでフレームからの製作となりました。

また20年位宜しくお願いします。

明日取り付けです。

野外テント・テント工事・サイン工事・シート製作  鶴田防水布店
間仕切カーテン・間仕切ビニール  鶴田防水布店
〒830-0023 福岡県久留米市中央町24―3
 TEL 0942―32―3004 
 FAX 0942―32―3005
 メール tsurubo@cap.bbiq.jp
 担当 鶴田
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東日本大震災当時の菅首相と海江田大臣のやりとりがニュースになっていました。 海江田万里元経済産業相(民主党衆院議員)を参考人招致して17日に開かれた国会の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」での主なやりとりは次の通り。 ◆事故当時の状況 ――地震...
2012/05/20(日) 04:48:57 | まとめwoネタ速neo
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」