FC2ブログ
福岡県久留米市問屋街で問屋「鶴田防水布店」を細々と営む店主の徒然なる日記。
2009/04/03(金)12:47

人間窮地に追いやられるといろんなアイデアが浮かんでくるものです。

先日の新聞に載っていた記事に、多分森永製菓だったと思いますが、賞味期限が近づいたお菓子を詰めて福袋としてスーパーに販売するそうです。

今まではディスカウントストアーや廃棄処分していたそうです。

賞味期限が近づいたと言っても3ヶ月前までらしいですが。

今迄やっていなかったのが不思議なくらいですね。

すると本日の新聞にも載っていました。

めんたいこ大手の「ふくや」は形が悪い分、価格を半額程度に抑えしかも週末はさらに割引するということです。

製菓大手の「石村萬盛堂」、個人消費者向けにマシュマロのばら売りを始めた。

どちらも売上好調らしいです。

「節約志向をうまくとらえれば伸びる余地がある」とはふくや社長の言葉。

状況に合わせフレキシブルに対応すること。
自分達個人事業主はそれ以上に柔軟に対応する必要があるのでしょう。

お客様のニーズを敏感に感じ、それに対すしてどうすべきか。

大事なことなんでしょうね。

さー今から母校へ学校販売に行き、その後太宰府へ配達・お手伝い。
朝からミシンエプロン←食堂とかで使われるエプロンです。
をかけたりでなんか忙しい一日となり、ブログ更新も今となりました。

明日は、筑後・大川・八女・瀬高・荒尾・高田・柳川と出張です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昔から零細企業は軒先でB品として訳ありで格安販売をしていました。

格安製品を買うお客はそれしか買わなくなってしまいます。

B品の在庫がない時は「今度は何時出来ますか」と尋ねてきます。

B品は無いにこしたことはありません。

賞味期限切れの商品専門に販売しているところもあるようです。保健所も賞味期限切れと表示してあるので強制的にやめさせるわけにないかないそうですよ。

価格10分の1くらいだそうです。近くにあると覗いてみたいですね。
2009/04/03(金) 13:46 | URL | イナッチ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
零細企業が出すB品は、「B品」なんですが、ブランディングされた会社が出す「B品」はそれだけでブランド化された「B品}なんですよね。
そこそこの値段で売れる。

だから、鳥栖のアウトレットなんかがあんな繁盛するんですね。
思ったほど安くありませんよね。

久留米ショッパーズ跡地にアウトレットモールを作るって計画もあるらしいですがさていかに。
2009/04/04(土) 09:18 | URL | つるぼー #-[ 編集]
ミシンも使えるのですか?器用ですね。
業務用ですか?
2009/04/04(土) 20:46 | URL | ファン太郎 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
器用ではないのですが、なせば成るですよ。
2009/04/05(日) 09:16 | URL | つるぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロフィール

つるぼー

Author:つるぼー
福岡県久留米市でカッパやテントの問屋を営む3代目。
創業何年になるのかは誰も知らない。
趣味はDVD鑑賞(?)そして、たまにラグビー。
現在3男児のパパ。これがかわいい。
仕事・スポーツ・悩み・子育て日記等いろんな事を書いていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
 | 徒然なるつるぼーTOPへ | 
Copyright © 徒然なるつるぼー All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」